最先端の工学技術に加え、都市環境、情報、メディア、建築、幼児教育など特色ある7学部17学科で己を磨く

志望者登録4347

合格者の声373

特色

創立100周年を見据えて—武蔵工業大学の伝統と研究力を未来に受け継ぐ—

真の工学教育を追求する学生が主体となって1929年に創立した「武蔵工業大学」と、技能と知性に優れた女性の輩出を標榜して創立した「東横学園女子短期大学」が2009年4月に統合し、「東京都市大学」が誕生しました。根幹となる工学・建築・情報系の分野から、幼児教育・都市環境まで約7500人の大学生と大学院生が、東京・世田谷と横浜にあるキャンパスで勉学に励んでいます。伝統的に学生全員が「研究室」に所属。何度も議論を繰り返し、多くの企業・組織との共同研究実績を持つ先生方と密に関わることで、未来への社会貢献に欠かせない専門性と実践力を磨き上げてきました。これまで10万人以上の卒業生を輩出し、「就職に強い」と称される本学は、東急グループに属する大学であり、企業に選ばれる高い研究力があることも魅力の一つです。〝都市大″は企業、社会、時代が求める人材を育成し続けています。

進化し続ける大学— 2020年4月、伝統の理工系2学部を時代の要請に応じた3学部に ■理工学部 ■建築都市デザイン学部 ■情報工学部

時代、社会、企業のニーズに合わせて変革進化を続けている東京都市大学。2020年4月には、工学部が「理工学部」に、知識工学部が「情報工学部」に、さらに「建築都市デザイン学部」として新加しました。さらに、2021年4月、理工学部のエネルギー化学科が応用化学科に進化します。東京都市大学は今後も未知の世界で生きる力を育みます。

有名企業400社実就職率ランキング全国私立大 第1位の実力。「就職に強い都市大」

創立以来日本の産業界を支える人材を数多く輩出してきた実績と、学生一人ひとりの特性を考えたきめ細やかなオーダーメイドの就職・キャリア支援により、「就職に強い都市大」と称されます。入学時から体系的に学んだことを振り返るキャリアポートフォーリオやキャリアガイダンス、企業研究会、公務員対策講座といった学内のキャリア支援プログラムを数多く用意し、内定獲得への確かな就職力を養っていきます。 ※有名企業400社実就職率ランキング全国私立大学第1位(大学通信調べ、2019年卒、卒業(修了)生数1,000人以上2,000人未満)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に