もっと日本を。もっと世界へ。

志望者登録44057

合格者の声1503

子ども支援学科

学科紹介

幼稚園教諭・保育士としての知識や技術を学び、地域の子育てを総合的に支援できる力を養います。

■「理論」と「実践」を往還しながら学ぶ
子ども支援学科は、多様な保育・幼児教育・子育ての場での「子ども支援」「子育て支援」を探究しています。新しい時代の保育・幼児教育を創造し、今、社会が求める質の高い保育の担い手を育成します。目指すのは、保育・幼児教育を修め、医学・心理学的知識や、保護者に対するカウンセリングの技術、地域をまとめる指導力などを幅広く備え、家庭と幼稚園・保育所・認定こども園、小学校、行政を結びつけた「子ども支援」を構想できる、子育て支援のプロです。子ども支援学科では、幼稚園教諭一種免許と保育士資格の同時取得が可能です。

■地域の子どもたちとの交流で学びのヒントを得る
地域との連携を重視し、市民参加型のイベントを多く開催する人間開発学部。子ども支援学科の学生も、人形劇やおもちゃ作りなど、親子向けの企画で活躍しています。

■「共育フェスティバル」で、人間開発学部の活気を体感
毎年秋に、横浜たまプラーザキャンパス近隣の方々を招いて、「共育フェスティバル」 を開催しています。ゼミ、サークル単位で、あるいは有志が企画を持ち寄って、たくさんのブースを作ります。内容は、科学実験、人形劇や読み聞かせ、おもちゃ作り、巨大迷路、コンサート、クッキングスタジオ、健康チェック、身体測定、反射神経テストなど盛りだくさんです。入試説明会も行われますので、人間開発学部に興味を持っている方は、ぜひご参加ください。フェスティバルの各種企画は、子どもたちの知育・情操教育や、地域の人々の健康づくり提案など、皆さんが「人間開発学部」に入学した後の学修内容に密接に関連しているものです。地域に育てられ、地域と共に育つ人間開発学部の「共育」を知るチャンスです。
※社会情勢によって変更となる場合があります。

備考

入学定員:100人

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に