「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4736

合格者の声414

特色

優しさと強さを育む実践教育

「実践の実践」と呼ばれる本学には、実践的な学び・社会とつながる学び〈問題解決型学習( P B L )〉の機会があり、自治体や企業と連携したプログラムが多いことも特長です。学修から得た知識・技能・態度を活かして、地域・ビジネスの現場にある課題に向き合い、学生ならではの視点で考え抜く。こうした経験が、一人ひとりの成長につながります。あなたが本来持っている誠実さ・優しさ・強さをさらに育み、将来、人と社会をよりよいものへと導いてほしいと考えています。

「J I S S E N の実践」を加速する、成長を実感し、実践するシステム【J-TAS Jissen Total Advanced Support】

本学には、学ぶすべての学生が、周囲からの信頼を得ながら成長し、確かな自信を持ってより確実に自らの手で未来を切り開く力を身につけられるように、全学的な学生サポート体制が整っています。それが、J -TA S( J i s s e n T o t a l A d v a n c e d S u p p o r t )です。
 
J-TASのポイントは大きく3つあります。

①成長を促す「さまざまな実践経験の場」
<問題解決型学習>
企業や地域との連携、フィールドワークを通して問題を発見し、グループでさまざまな解決法を議論、発表する主体的な学習の機会があります。社会で求められる問題解決力を実践的に育成していきます。
 
<課外活動>
部活動やサークルなどの学内活動はもちろん、企業や自治体、他大学との連携や学生プロジェクトなど、成長を促す経験の機会があります。学生が主体的に成長できるプログラムや取り組みが充実しています。

②成長を確かめる「自己確認の機会」
<成長診断テスト(PROG)>
学部や分野に関わらず、社会で求められる汎用的な能力を、ディプロマ・ポリシーの3つの能力の観点から測定します。
 
<学修ルーブリック>
入学から卒業までの間、授業や課外活動での体験を通じて、どれだけ成長できたかを振り返るためのツールです。半期ごとに学修成果を自己診断し、次の学期の目標設定に活用します。
 
<自己成長記録書>
大学での活動内容やそれ以外の個人的な活動(留学・資格取得・アルバイト等)を書き込
み、自己の成長記録としてまとめ、自己確認の資料とします。

③成長を支える「サポーター」
<担任(アカデミックアドバイザー)>
専任教員が、修学上の悩みや学生生活における疑問・質問などの相談に応じます。
 
<キャリアアドバイザー>
女性が社会で働くため、あるいは仕事と家庭を両立させるために、経験と知識が豊富なスタッフが応対。「Face to Face」をモットーに、学生一人ひとりにきめ細かな支援を行っていきます。

<カリキュラムアドバイザー>
履修の組み立て方やカリキュラムに関するさまざまな相談に応じるとともに、学生への支援、勉強法のアドバイスなど、修学上の支援を行います。

<助手>
教員と学生の間に立って学修支援を行う「助手」。学びや学生生活、個人的な悩みまで、さまざまな質問や相談を気軽にできる頼もしい存在です。

<学生総合支援スタッフ>
常駐する学生支援スタッフが、一人ひとりの個性に合わせたアドバイスを行うことで、自身の成長を実感しながら前に進めるようサポートしていきます。

J I S S E Nの社会連携プログラム

本学では、社会のさまざまな問題を解決するための取り組みを学生とともに行っています。大学の所在地である渋谷区や日野市などと連携した地域活性化を図る活動や自治体との連携による研究、企業との連携による新商品開発など、実社会で学びを発展させる活動を数多く実施しています。
過去には大手テーマパークのフード販売施策の提案や新聞社と協働での紙面づくり、化粧品会社のPR戦略提案など実践経験の場が豊富にあります。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に