大学で何を学び、卒業後どう生きるか

志望者登録5382

合格者の声1181

造形表現学科

学科紹介

たくましい心と感性で、生活空間を美しく快適に創造する

デザイン、映像、アート、工芸などの造形表現の総合的な学びを重視した自由なカリキュラムで、自分らしい表現方法を身につけていきます。
1・2年次には実習基礎、デッサン、色彩学、基礎造形、美術史などの実技や理論科目を学習すると同時に、多種多様な美術表現を経験。また、国内外の建築物や古美術を見学する美術研究などの授業が開講され、本物の芸術作品にふれることで美術的教養を高めます。基礎を学び、自分の方向性を見つけたのち、美術(油画、日本画、版画、塑造、木彫)、デザイン(グラフィックデザイン、デジタルデザイン、映像表現、インテリアデザイン)、工芸(金工、陶芸、染色、織物)の各専門分野の学びを自由に選択し、それぞれの表現方法を確立します。

備考

・総合型選抜

 自己推薦型AO入試

・推薦型選抜

 グローアップ入試(公募推薦)

 英語外部試験利用入試(公募推薦・併願制)

 学校推薦型選抜 指定校方式

・一般選抜

・共通テスト利用入試

・特別入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に