多様な学びに対応する国内最大級の総合大学

志望者登録46187

合格者の声9275

応用分子化学科

学科紹介

社会と化学技術を俯瞰的に思考し、SDGsを達成させるため、新たな価値を創造して、「化学と工学の力で未来をひらく」 

化学技術は,私たちの身の回りにある医薬品,化粧品,電化製品,自動車などの製品や材料の製造に密接に関わっており,さまざまな産業を支える基盤技術です。また,エレクトロニクス,新素材,ライフサイエンス,新エネルギー,ファインケミカルなどの先端分野における発展にも大きく寄与しており,化学技術の進歩は常に求められています。一方,現在の社会では,VUCA,すなわち変動性(Volatility),不確実性(Uncertainty),
複雑性(Complexity),曖昧性(Ambiguity)の時代という「答えのない時代」,「変化し続ける時代」に対応することが求められています。これは,社会のニーズに応えるだけでなく,「創りたい社会を具体的にすること」,そして,「その社会の実現に向けて必要な技術や研究開発の内容を明らかにすること」が不可欠となっていることを意味します。応用分子化学科では,社会と化学技術を俯瞰的に思考し,新たな価値を創造して「化学と工学の力で未来をひらく」ことを目標に教育・研究を行っています。

備考

A個別方式

N全学統一方式

C共通テスト利用方式

指定校制

公募制

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に