”惻隠の心”を持つ薬剤師・研究者を世界へ

志望者登録1228

合格者の声204

漢方薬学科

学科紹介

現代医療に欠かせない漢方に精通した薬剤師を目指します

今日、病院や調剤薬局の薬品棚にはごく当たり前に漢方製剤が置かれ、漢方薬は内科、婦人科、消化器外科の術後管理、がん化学療法の副作用軽減、認知症の周辺症状の改善など多くの診療科で処方されるようになりました。すなわち薬剤師には漢方に関する専門的知識が要求されるようになっています。「漢方の専門知識を身に付ける」ことは、医療現場における漢方治療の場面で「医師と対等に向き合える武器を身に付ける」ことになります。
横浜薬科大学は国内では数少ない漢方薬学科設置し、1年から6年まで幅広く漢方の知識を学ぶカリキュラムが設けられています。

備考

【定員】120名

【入試区分】総合型/学校推薦型/特待生/大学入学共通テスト/一般選抜

【年限】6年制

【初年度納入金】450,000~2,350,000円 合格区分により異なります

学士

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に