広く、深く、学ぶ、愉しむ。

志望者登録6445

合格者の声890

応用生物化学科

学科紹介

進展するバイオ産業の第一線で活躍できる研究者・技術者を育成

化学と生物情報科学を基礎として、動物、植物、微生物の高次機能とその利用技術を学び、社会的ニーズが高いバイオ産業で活躍する人材を育成します。

[ 学びのポイント] 
<1>バイオサイエンスや化学の中核科目を徹底して学修
学部共通基礎科目を学んだ後、学科専門科目へと段階的に学びを深めます。バイオサイエンスや化学の中核となる科目について、基礎から応用まで徹底的に学びます。 
<2>多様な応用分野を学び、バイオサイエンスの基盤技術を理解
動物、植物、微生物がもつ機能を深く理解し、生物機能の多様な応用分野を学びます。さらに、現代におけるバイオサイエンスの基盤技術について理解を広げます。 
<3>基礎から専門まで多くの実験を経験し、スキルを修得
1年次から実験科目を履修し、理論とともに実験スキルの修得を目指します。1年次には、生物学や化学の基礎的な実験、2~3年次には専門分野の実験を経験し、4年次の卒業論文研究へとつなげます。

備考

総合型選抜/学校推薦型選抜/一般選抜

収容定員:110名

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に