広く、深く、学ぶ、愉しむ。

志望者登録6298

合格者の声892

臨床工学科

学科紹介

高度化する医用工学機器の操作や管理、開発を担う臨床工学技士を育成

医療機器を運用する工学と医学知識による技術力を養い、医学の進歩、医療技術の高度化、病気の重度化・重複化などに対応できる医療機器のスペシャリストを目指します。 

[ 学びのポイント] 
<1>現場で必要な知識・技術を学び、機器操作を実践で修得
臨床経験が豊富な教員から、現場で必要とされる知識と技術を学びます。人工透析室や手術室、集中治療室(ICU)での機器操作など、実践的な教育を行います。 
<2>医学と工学を理解し、高度化する医療技術に対応
工学部との連携により、基礎工学に精通した医療人を育成します。医学と工学の両面を理解し、日々高度化する医療技術に対応できる能力を養います。 
<3>人工透析室などでの臨床実習で実践力を高める
臨床実習で高度な実践力を身につけます。4年次に行う人工透析室・手術室・ICU・医療機器管理業務での実習をとおして、3年間学んだ知識と技術の統合を図ります。

備考

総合型選抜/学校推薦型選抜/一般選抜

収容定員:40名

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に