英語、日本語、文化、生活、心理、こども教育、情報、キャリア。 未来を切りひらく自律・自立した女性に。

志望者登録333

合格者の声70

心理学科

学科紹介

こころの問題を解決し、新しい価値や企画を創造できる「心理のスペシャリスト」をめざす

●興味関心を高める5つのモデル
コミュニケーション心理、メディア・ファッション・カルチャー心理、こども心理サポート、ビジネスリサーチ心理、心理専門職など多様な視点から興味関心に応じて心理学にアプローチするとともに、小児医療ボランティアや企業・地域との連携など実社会での体験を積みながらキャリア選択へと導きます。
●専門性を高める2つのコース
心理職のプロやカウンセリングマインドを身につけ、人のこころに寄り添える職業人をめざす「心理カウンセリングコース」と、消費者心理などの知識を生かす、企画や商品開発の仕事をめざす「社会・ビジネス心理コース」があります。2年次以降にいずれかのコースを選択し、専門性を高めます。
◆豊富なフィールド体験を通して、確かな実践力としなやかな発案力を身につける
講義で学んだ知識を体験型授業や各種フィールドでの課外活動を通して、現場で生かせる力に変えていきます。企業や他大学との連携プログラムやボランティア活動など、心理学を生きた学びとして体得する機会を豊富に設け実践力を高めます。
◆大学院進学で対人援助のスペシャリストに。心理学の知識とスキルを強みに企業へ
医療・福祉・教育現場等での対人援助やコーディネートの仕事、調査・分析のスキルを生かし企業での商品企画や開発、販売、人事、プランナー等をめざせます。
公認心理師や臨床心理士など心理専門職をめざす人には、本学大学院心理学研究科への一貫教育によりバックアップします(内部推薦制度あり。推薦入試の合格者は、学部4年次の後期に大学院科目の一部を前倒しで履修できます。)。

備考

定員 93 

初年度納入金 1,380,000円

学位 心理学

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に