実践で超越する

志望者登録655

合格者の声89

情報学科

学科紹介

文理融合型の学びで幅広い知識を習得する

情報学部では、学生が自らの興味・関心に応じて柔軟な履修ができる「クラスタ制」を導入。一人ひとりが目的を持ち、自由に科目を選び、より深く学ぶための新しい枠組みです。全員が学ぶ「基幹クラスタ」と学びの目的別に履修できる5つの「展開クラスタ」に分類されます。

<基幹クラスタ>
1年次は全員が基幹クラスタでプログラミング、コンピュータシステム概論、コンテンツ概論、人間の情報処理といった情報学の基礎を幅広くしっかりと学びます。
<展開クラスタ> 
2年次からは、5つの展開クラスタの中から身につけたい能力、めざす職業、興味や関心に応じて「主専攻クラスタ」と「副専攻クラスタ」を選んで学びを深めます。
 
【コンピュータのハードウェアとソフトウェア】
コンピュータの仕組みや動作原理を学び、ハードウェアの基盤的内容、ソフトウェア理論、プログラミング技術を習得します。 
 
【情報システムとネットワーク】
コンピュータやハードウェアを複数連結して情報処理を行うシステムや、ネットワークに関する理論から運用・保守の技術まで身につけます。 
 
【マルチメディアとコンテンツ技術】
画像、音響、言語などのマルチメディア情報の性質と人が知覚する際の特性を知り、マルチメディア情報の生成や分析の理論・技術を学びます。 
 
【情報ビジネスと社会】
コンテンツやインターネットに関係する情報ビジネスの仕組み、情報倫理、コミュニケーションにおける人間の心理や言語の特徴などを研究します。 
 
【データ情報の活用】
自然現象の測定、心理実験や調査、文章などからデータを収集し、それを分析するための理論や方法を理解して問題解決、意思決定する力を養います。

備考

定員:100人(2023年度参考)

キャンパス:本学キャンパス

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に