「人」を誇れる大学でありたい

志望者登録51624

合格者の声4462

経済学科 経済政策コース/歴史・思想コース/産業・企業経済コース/国際経済コース

学科紹介

市場、家計、企業の行動やその関連など「経済活動全体」に焦点を当て、諸問題の分析を行います。

1・2年次で幅広い教養と経済学の基礎を学んだ上で、3年次からは学生一人ひとりの関心にきめ細かく応えられるよう、以下の4コースに分かれて高度な専門性を磨きます。少人数教育を行うことで、より専門性を追究した学びを可能にしています。
 
経済政策コース
財政、社会保障、雇用、地方創生など政府活動に関わる問題を考察します。消費税、年金、東京一極集中の是正など政府の政策は個人の生活、経済全体に大きな影響を及ぼします。また、環境問題など市場に任せていては解決が難しい問題に対しては政府の役割が欠かせません。このようなさまざまな社会問題に対処する政府の経済政策を学びます。
 
歴史・思想コース
経済や社会思想が発展してきた過程を歴史的に考察します。例えば、大阪には江戸時代、世界に先駆けて先物取引市場を整備した堂島米会所がありました。現代の経済社会は歴史の上に成り立っています。過去を知ることで、現代経済の問題を解決するための新たな糸口を模索します。
 
産業・企業経済コース
企業はビジネスの現場においてモノ・サービスを提供したり、労働者を雇用したり、設備に投資したりと経済活動において重要な役割を果たしています。ビジネスの現場で起きているさまざまな現象の本質を読み解くために、企業の行動原理やビジネスデータを分析・活用する方法を学びます。
 
国際経済コース
ヒト・モノ・サービス・カネが国や地域を超えて移動するグローバル社会を考察します。モノの移動を考える国際貿易、カネの移動を考える国際金融など世界経済の仕組みを理解するとともに、経済発展著しい中国・インドなど個別の国の経済事情を学びます。

備考

2021年度参考 定員:726人

キャンパス:千里山キャンパス

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に