一生を描ききる女性力を。

志望者登録7379

合格者の声1898

建築学科

学科紹介

1年次から始まる世界水準の教育でグローバル社会に貢献できる建築家を育成

【POINT 1】
建築教育の世界水準である「UNESCO-UIA建築教育憲章」に対応した6年一貫の欧米型建築教育を実践しています。各学年のスタジオ(製図室)には一人ひとりに、畳1帖分の広さの製図机とパソコンを用意。思う存分演習に打ち込めます。1学年(定員45人)を3人の教員が担当し、教員が各学生の製図机を回って1対1の対話型指導を行います。これほど充実したスタジオがある大学は他にありません。

【POINT 2】
午前は講義、午後は演習です。演習科目は、全授業時間数の半数以上を占めます。1年次には、いけばな、絵画、木工、陶芸などの「空間表現演習」に取り組み、感性と創造力を徹底的に磨きます。1年次の最終課題から本格的に問題解決型の建築設計が始まります。住宅、劇場、病院、まちづくり…年間6課題に取り組むことにより、他のどの大学よりも実践で役立つ技術が身に付きます。

【POINT 3】
学部1年次から大学院修士課程2年次まで、土曜日には、様々な名建築、建設現場などを見学します。授業で学んだ知識や技術をより具体的に理解できます。さらに、庭園や美術館を見学し、総合芸術としての建築空間を創造するための感性を磨きます。また、現地でスケッチすることでスケッチ力を鍛えるとともに、モノや空間を見る眼を養います。

備考

定員 45人

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に