社会に貢献する人材を育成する理工系総合大学

志望者登録3033

合格者の声217

応用化学科

学科紹介

省エネルギーで社会・環境に優しい先進的材料の設計・合成をめざす

優れた機能を持つ材料を創造するため、化学では原子・分子レベルで材料を設計していきます。これまでは経済性や効率的な方法による材料開発に重きが置かれ、地球、社会、人間を広く見つめる視点は不十分でした。持続可能な社会を実現するためには、材料の製造から廃棄までをトータルかつグローバルに捉えたうえで、革新的な特性や利点を持つ材料の開発を進めていく視点が欠かせません。応用化学科では、有機、無機、バイオ、高分子などの化学の基幹分野を、サステイナブル工学の観点から協調・融合させ、これにより地球環境や社会にやさしい材料と、その合成プロセスを追究。これらを用いて省エネルギーに貢献する先進的なデバイスやシステムの実現をめざします。

備考

■定員 80名

■入試方式

AO入試

奨学生入試

一般入試

センター利用試験

※2019年度入試実績

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に