18,000⼈が学ぶ、総合⼤学

志望者登録11594

合格者の声1787

特色

神奈川大学の給費生制度

1933年から実施されている神奈川大学独自の伝統ある奨学金制度が給費生制度です。12月18日(日)に実施される給費生試験の結果、給費生として採用されると4年間で最大880万円が給付されます(毎年継続審査あり)。給費生試験は一般入試と同様の3科目型で、現役・既卒を問わず受験することができます。また、専願ではなく自由に併願もできます。そして給費生として入学後もサポートが充実しており、希望者は海外研修にも参加できます。

2023年4月、理工系学部が横浜キャンパスに集結

2023年4月、神奈川大学は理学部・工学部の改組を行い、化学生命学部・情報学部を新設します。これら4つの理工系学部を横浜キャンパスに集結させ、世界水準の研究・教育環境の実現をめざします。
新しくできる「化学生命学部」の学びは化粧品や食品、新素材などの研究開発につながり、「情報学部」の学びは、AI・データサイエンス、プログラミングなどの知識・技術の修得につながります。また、理学部・工学部の学修内容も大きく再編成し、「理学部」に地学系の地球環境科学コース、「工学部」に宇宙やナノの世界を学ぶ応用物理学科を新設します。社会を変える研究の拠点がYOKOHAMAに誕生します。

都市型・未来型の「みなとみらいキャンパス」誕生

2021年に新設された「みなとみらいキャンパス」は高さ約100m、21階建ての校舎に教室や研究室、学食などの施設が入る、都市型・未来型の新キャンパスです。経営学部、外国語学部、国際日本学部のグローバル系3学部が集まり、周辺の国際企業や官公庁、文化施設などとの産官学連携をさらに強め、独自の教育・研究を展開しています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に