18,000⼈が学ぶ、総合⼤学

志望者登録10842

合格者の声1190

特色

神奈川大学の給費生制度

1933年から実施されている神奈川大学独自の伝統ある奨学金制度が給費生制度です。毎年12月下旬に実施される給費生試験の結果、給費生として採用されると4年間で最大880万円が給付されます(毎年継続審査あり)。給費生試験は一般入試と同様の3科目型で、現役・既卒を問わず受験することができます。また、専願ではなく自由に併願もできます。そして給費生として入学後もサポートが充実しており、希望者は海外研修にも参加できます。

都市型・未来型の「みなとみらいキャンパス」誕生

2021年に新設された「みなとみらいキャンパス」は高さ約100m、21階建ての校舎に教室や研究室、学食などの施設が入る、都市型・未来型の新キャンパスです。経営学部、外国語学部、国際日本学部のグローバル系3学部が集まり、周辺の国際企業や官公庁、文化施設などとの産官学連携をさらに強め、独自の教育・研究を展開していきます。

ゼミ・卒研の神大

神奈川大学では学生の成長を見守りながら確かなサポートができる少人数教育を重視し、対話形式の学びを数多く展開しています。例えば、新入生は初年次ゼミFYSからスタートします。少人数の演習で、レポートの書き方やプレゼン手法など大学での基礎を学びます。そして卒業研究では希望する研究室で、興味のあるテーマに打ち込み、その成果を発表します。また、神奈川大学の実験設備は国内有数で、最先端の実験が可能です。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に