「学んだ知識を、生きる力へ。」

志望者登録7057

合格者の声244

特色

京都で100年。7学部14学科の総合大学

佛教大学は、1868年に知恩院山内に設置された仏教講究の機関をルーツに、1912年に開学。以来、仏教精神を建学の理念に100年余りにわたり、社会に貢献できる人材の育成に力を尽くしてきました。現在は、学生数約6.300名、7学部14学科を有する総合大学へと発展。各学部・学科の特性を活かしつつ、心の豊かさや人々の幸せについて考え、「さまざまな立場の人の気持ちを理解し、自分のなすべき行動を正しく行える」人材を育てています。多くの卒業生が企業・教育・福祉・保健医療を中心にさまざまな分野で活躍し、高い評価を受けています。

「教職なら佛大」 教員免許・資格の取得に強い大学

教員免許状(幼・小・中・高・特支)取得者は974名、社会福祉士や保育士、看護師などの資格取得者は691名、あわせて1.600名以上が取得しています(※)。目的意識の高い学生が多く集まり、希望する免許・資格の取得を実現しています。併設の本学通信教育課程を利用して、所属する学科では取得できない教員免許を取得する制度もあり、たとえば、教育学科以外でも小学校免の取得が可能になります。また、取得のみではなく、取得した免許や資格を生かした職業につくためのキャリア教育の充実に力を入れ、実践力・対応力を養うための現場体験プログラムや最新設備を整えた教育環境等を提供し、即戦力となる学生を育成しています。(※)2018年度実績

2019年度より新しいカリキュラムを導入

2019年度からすべての学部・学科で新しいカリキュラムを導入します。新カリキュラムは現行カリキュラムを基礎に、教育内容のさらなる充実をめざして新たに編成されており、「専門を究める」「教員免許状・資格を取得する」など一人ひとりの希望に応じた学び方ができる科目を豊富に用意し、興味のある科目を自由に組み合わせることで、目標に確実に近づけるカリキュラムとなっています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に