「人」を誇れる大学でありたい

志望者登録51124

合格者の声4428

生命・生物工学科

学科紹介

食品・医薬品・化粧品・環境関連分野など 多方面で活躍できる人材を育成する。

食品・化粧品・医薬品の開発・製造、環境浄化・修復、多様な機能性素材の開発など、多岐にわたって活用されるライフサイエンス・バイオテクノロジー。本学科では、DNAやタンパク質の構造・機能を理解し、それらの相互作用に基づく生命現象について学修することで、食品・化粧品・医薬品開発や基礎研究、植物の育種などへ幅広く応用できる能力を身に付けます。
■生命科学コース
「生命とは何か」を生命現象をつかさどる遺伝子やタンパク質などの分子を通じて理解し、機能性食品や医薬品の開発に必要な知識・技術を身に付けることをめざします。同時に、生命が関わる社会的な問題について考える力を養います。
■生物工学コース
遺伝子操作、食品・環境化学分析などの実験技術や、環境にやさしい生物生産プロセスの開発に必要な知識を習得し、食品・環境・医療・医薬などの領域で活躍するために必要なバイオテクノロジーの技法を身に付けます。

備考

2021年度参考 定員:105人

キャンパス:千里山キャンパス

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に