大学で何を学び、卒業後どう生きるか

志望者登録4863

合格者の声891

管理栄養学科

学科紹介

未来の健康をデザインする

栄養は子どもたちが健やかに成長し、生涯を通して人々の健康と健やかな生活を支えるために、欠かすことのできない営みです。
病気を予防し健康であることは、生活の質(quality of life, QOL)を高めます。
ライフステージや健康状態に合わせて栄養教育・栄養管理ができる管理栄養士を育成し、「食」で未来の生活の質(QOL)をデザインします。

【取得できる資格】
栄養士、管理栄養士国家試験受験資格、中学校教諭1種(理科)、高等学校教諭1種(理科)、栄養教諭1種、食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格
※学外実習が必要な資格があります。
【就職】
病院・福祉施設・保健センターの管理栄養士・栄養士、学校・幼稚園・保育所の栄養士
小・中学校の栄養教諭、中学校・高等学校の理科教諭、商品品質管理・監視員、商品開発、公務員の専門職 等
【先輩の声】
3年生で学んだ「食品加工学」の内容の中から、納豆・こんにゃく・缶詰などを実際に作ってみるのが「食品加工学実習」です。一般的な調理とはまた違って、普段は作らないような加工食品を作るのはとてもおもしろく、貴重な経験でした。スーパーに並んでいる加工食品がどのように作られているか、どのような工夫がなされているかを身をもって知ることができました。自分たちで愛情を込めて作った加工食品はどれも格別においしく、食の仕事に関わる夢を広げてくれた授業でした。

備考

【選抜方式のご紹介】

・総合型選抜

 渡邉辰五郎(自主自律)AO入試

 総合型選抜(共通テスト利用型)入試

・推薦型選抜

 グローアップ入試(公募推薦)

 学校推薦型選抜 指定校方式

・一般選抜

・共通テスト利用入試

・特別入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に