2024年に建築デザイン学部を開設、6学部15学科となる女子総合大学として文理融合の教育を推進!

志望者登録9760

合格者の声2079

特色

私が動く、世界がひらく。

1901年に、日本初の組織的な女子高等教育機関として、成瀬仁蔵により創立。創立120周年を迎えた2021年4月、創立の地目白キャンパスに家政学部・文学部・人間社会学部・私立女子大学唯一である理学部の4学部を統合。2023年に国際文化学部を開設、2024年に建築デザイン学部を開設し、2025年に食科学部(仮称・構想中)*を設置予定です。
2024年4月、6学部15学科となる女子総合大学として、文理融合の多様な教育を推進します。

2024年に開設の建築デザイン学部は、住居から都市空間までの広範な専門分野の理解とそれらを統合するデザイン教育をカリキュラムの根幹としており、住生活、歴史文化、安全性、快適性、構造・材料、審美性など、広い視野から住居学および建築学を総合的に学修します。

*本計画は予定であり、内容は変更となる場合があります。

自ら考え自ら行動する「自学自動」、少人数制教育で実力を養う

日本女子大学は授業科目が3,000科目を超え、人間生活科学系・人文科学系・社会科学系・自然科学系の4つの科学系統を幅広くカバー。所属学科以外にも、関心に応じて学部・学科を横断して履修することも可能です。専門科目にとどまらない幅広い教養と豊かな人間性を育むための全学部共通カリキュラムも提供、キャリア教育のプログラムも充実しています。
教員と学生の距離が近く、全学科で少人数制のゼミ形式の授業を展開しています。卒業論文(卒業研究・卒業制作)の作成は全学科必修です。

また大学生活では、学修支援課、学生支援課、キャリア支援課、そして健康面を支える保健管理センター、心の悩みの解決に力を添えるカウンセリングセンターなど、多方面からサポートする体制が整っています。授業等の学修に関すること、奨学金や住まいのことなどはもちろん、不安なく学生生活を送るための相談や支援も行っています。

学生一人ひとりに応じたきめ細かなサポートで、高い就職率を実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。社会に出た一人ひとりが、生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。
1年次から段階的にプログラムを提供、年間を通じてガイダンスや各種講座を開催するほか、随時アンケート行い、学生の声を反映させた個別支援を実施。個別面談、就職相談など、キャリア支援課が中心となり、一人ひとりに応じた就職支援を行っています。また、「採用試験記録」や卒業生からの「私の就職状況」といった資料を開示しており、長きにわたって蓄積してきた女子学生の就職に関する豊富な情報とノウハウで、きめ細かにサポートします。
その結果、就職率は例年、就職希望者の約99%前後と高い数字であり、就職先に対する満足度も高く、有名企業への実就職率は常に上位にランクインしています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に