「モラリスト×エキスパート」を育む

志望者登録3496

合格者の声831

特色

開校150年以上の歴史と伝統。主体的な学びで個性あふれる人間力を育む。

立正大学は、9学部16学科で1万人が学ぶ総合大学です。『「モラリスト×エキスパート」を育む。』を学園メッセージとして掲げ、人間性と高い専門性を備えた社会に貢献できる人材を育成しています。
1580年に設立された日蓮宗僧侶の教育機関を淵源とし、430余年という長い伝統を誇る大学です。現在は9学部16学科7研究科、1万人を超える学生を擁する総合大学です。1872年(明治5年)東京・芝に立正大学開校の起点となる「小教院」を設立してから、社会の要請に応えた学部設置を重ねて、2022年に開校150周年を迎えました。

万全のサポートで学生一人ひとりの将来をともに考えるキャリア支援

キャリアサポートセンターは、就職活動の支援はもちろん、学生一人ひとりの将来をともに考えます。面接対策、筆記対策、業界・企業研究セミナー、合同企業説明会、メイクアップ講座などの「キャリア支援イベント」、充実した事前研修を受けてから参加する「インターンシップ制度」、そのほか「免許・資格取得プログラム」などのサポートで学生を支援しています。また、資格を持ったカウンセラーが品川と熊谷、両キャンパスに常駐しており、対面・オンラインを並用し、きめ細かなサポートを行っており、多くの学生が利用しています。

「実社会で働く」をリアルに体験。名前だけじゃないインターンシップ

「インターンシップ」とは企業や自治体などの実習先で、実社会で働くことを体験できる就業体験のことです。約2週間のプログラムを通じ、実社会で働くことの楽しさややりがい、自主性の大切さ、将来への目標を発見することができ、将来の進路選択や就職活動に自信を持って臨むことができます。もちろん、あいさつや電話応対などのビジネスマナーを含め、事前研修やフォロー体制も充実。実習後の事後研修を終え実習報告会を迎える頃には、充実感と社会人としての基礎力、将来への課題を含め成長した自分を実感できます。年間約300名が取り組むプログラムは、文部科学省の「大学等におけるインターンシップの届出制度」などで高い評価を得ています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に