18,000人が学ぶ、総合大学

志望者登録15094

合格者の声3356

応用化学科

学科紹介

エネルギー、材料…モノづくり全てに関係している応用化学を学び、人々の生活を安全に、そして豊かに。

応用化学科では、電池や燃料電池などのエネルギー化学、触媒化学、固体化学、セラミックス・高分子といった材料化学などを扱う「応用化学」を中心に学びます。現代社会に役立つ化学技術を身につけ、安全で快適な生活や社会に貢献できる力を身につけます。
化学、生物学の基礎的な内容を学んだのち、3年次からはコース(応用化学、環境生活科学)に分かれて、より専門的な分野の学修・研究をしながら、実践力を身につけます。
<応用化学科から進めるコース>
◆応用化学コース/環境破壊やエネルギー枯渇を解決に導く技術を創出
エネルギー化学、触媒化学、固体化学、材料科学、応用化学など、これまでの学びをより専門的に深め、問題発見および解決に向けた実践力を養い、高度専門職業人へと育成します。
◆環境生活科学コース/化粧品開発、食品開発にも挑戦できる
身の回りの化学製品(化粧品、香料、衛星用品、医薬品、化粧品開発、食品開発にも挑戦できるなど)や機能性食品の開発・製造を行う高度専門職業人や環境分析技術者へと育成します。

備考

AO入試/公募制推薦入試/指定校制推薦入試/給費生試験/一般入試/大学入学共通テスト利用入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に