18,000人が学ぶ、総合大学

志望者登録14991

合格者の声3368

先端情報領域プログラム

学科紹介

ビッグデータ時代、基礎・方法論やデータサイエンスを学びデータを扱える人材を育成

先端情報領域プログラムでは、「ビッグデータ時代」において、データに関わる「生成」、「分析」、「処理」の観点からデータの利活用をひも解くデータセントリック的方法論を学んでいきます。計算機・システム動作、ソフトウェアの振る舞い、行動ログ、社会現象(自然災害、流行、疫病他)などの幅広いデータを対象に、データの倫理的側面も理解した上で、データを扱える人材を育成していきます。
1・2年次は「基礎」「データ処理基盤」「データ分析基盤」「統計処理」に関する科目群を履修し、基礎的知識を修得します。3・4年次は「計算機科学科」または「システム数理学科」に分かれて研究室に所属。データセントリック的方法論の視点から、プログラミングやデータ処理全般の専門分野に精通した人材を育成します。また、データそのものの意義や価値を対象問題の視点から見極める能力を有する「データサイエンティスト」としての素養も身につけていきます。

備考

公募制推薦入試/指定校制推薦入試/給費生試験/一般入試/大学入学共通テスト利用入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に