6学部・14学科コースを擁する東海地区を代表する女性総合大学

志望者登録15199

合格者の声747

特色

金城の歴史は、女子教育の歴史でもある。

金城学院大学は東海地区を代表する女性総合大学として、創立以来130年以上にわたり、女性のための教育を追求してきました。その教育スローガンは、「強く、優しく。」。幅広い学問領域を網羅する各学科での実践的な学びや、本学が誇る「万全のキャリアサポート体制」で、現代社会のさまざまな分野で活躍できる女性を育成しています。  

◆東海エリアの高校生に聞いたキャンパスがきれいな大学全国1位!
名古屋市内にありながら、広大な敷地に新しくておしゃれな施設・設備がゆったりとレイアウトされています。鐘塔がそびえる「アニー・ランドルフ記念講堂」は、金城学院の象徴ともなっています。また2020年にはメディア系の実習施設や学生ラウンジなどを備えた「E1棟」、2022年には看護学部専用校舎「W5棟」が完成。充実した環境の中、快適なキャンパスライフを送ることができます。
朝日新聞出版「大学ランキング2023」では、「東海エリアの高校生に聞いた キャンパスがきれいな大学全国1位」となりました。

手厚いサポートで、社会で生かせる実力が身につく

“就職に強い大学”と言われてきた本学。常に全国トップクラスの就職率を維持し、2023年3月卒業生の就職率は98.9%(※)を達成しています。 
※就職者数÷就職希望者数×100 
※文部科学省「学校基本調査」報告数値
就職がゴールではなく、卒業後に社会で生かせる実力やこれからを生きていくために必要な幅広い力を身につけることが本学のゴール。そのための生き方を本学では「キャリア」と呼び、万全のサポートであなたのキャリアを応援します。
1年次から少しずつ将来について考える「キャリア開発教育科目」や、3年次から行われる「就職支援プログラム」などさまざまな形で、あなたのキャリアをサポートする体制が整っています。

年間学費が50万円になる!「金城サポート奨学金」

~国公立大学並の学費で学べる~
「金城で学びたい」という高い意欲を経済面からサポート!初年度だけでなく、卒業まで継続給付のチャンスあり。この奨学金に返還義務はありません。

◆英語英米文化学科の場合 
472万円(年間学費118万円×4年間)→2 0 0万円に!(年間学費50万円×4年間) 
◆薬学科の場合 
1,224万円(年間学費204万円×6年間)→3 0 0 万円に!(年間学費50万円×6年間) 

【給付対象:200名】
・一般入試(前期)[2科目型][3科目型]:合格者の内、成績上位者100名
・共通テスト利用入試(前期):合格者の内、成績上位者100名
【給付基準】
●一般入試(前期)[2科目型][3科目型]
・2科目型:得点率90%以上 ※音楽芸術学科は、音楽実技で得点率90%以上の者
・3科目型:得点率80%以上
●共通テスト利用入試(前期)
得点率80%以上
【給付期間】
●2年次以降も、各学科※での学業成績が上位40%以内であれば継続して給付されるので安心!
※国際情報学科はグローバルスタディーズコースおよびメディアスタディーズコースごとに判定します。
※詳細は本学「受験生応援サイト」をご確認ください。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に