私を選ぶのは、わたし。

志望者登録6038

合格者の声674

心理学科

学科紹介

こころの不思議に科学的にアプローチ。こころの多様な学びを社会に生かす。

技術革新が進む現代においても、人のこころを理解し、人のこころに寄り添うことは人にしかできないことです。そのため、社会における心理学のニーズはますます高まっています。心理学科では、こころについて幅広く学び、その学びを社会に生かすことのできる人材の育成をめざします。学びを通し、ウェルビーイング実現のために必要なストレスへの対処や対人関係の円滑化といった「心理学的マネジメント力」を習得。また、心理学研究に基づいて人の行動やこころに科学的にアプローチし、新たな提言を行う「心理学的デザイン力」を身に付けます。そのほか、こころのケアのプロである心理職の養成にも力を入れており、医療や教育、福祉など幅広い分野で活躍する心理職を輩出しています。

<学びの特色> 
①ケースメソッドや演習での体験的な心理学の学び 
実験・検査の実施や臨床事例の検討など多様な心理学的事例を体験し、討議を通して解決方法を導き出すことで、あらゆる状況に柔軟に対応できる「心理学的力」を養成する。 

②生活・社会で役立つ「心理学的力」の獲得 
幅広く心理学を学び、ソーシャルスキルや傾聴力、感情のコントロール、データ分析力など実際の生活や社会で応用可能な「心理学的力」を身に付ける。 

③心理専門職に向けた細やかな指導体制 
豊富な臨床経験を持つ教員による少人数の演習・実習で、一人ひとりの体験に基づく実践的な学びを実現。公認心理師や臨床心理士としての活躍を目指す。 
 
<学びを生かした進路>
公認心理士/臨床心理士/児童福祉司/児童指導員/企業の開発・マーケティング部門/企業の人事・労務・教育部門/銀行/保健会社/証券会社/営業・販売・サービス/国家公務員・地方公務員(心理職)/NPO・NGO職員など 
 
<目指せる資格> 
公認心理師(受験資格)(1学年あたり25名まで、大学院修了もしくは実務経験2年以上が必要) 
高等学校教諭一種免許状(公民) 
学芸員 
司書 
司書教諭 
認定心理士(申請資格) 
認定心理士(心理調査)(申請資格) 
児童福祉司(実務1年・任用資格) 
児童指導員(任用資格) 

備考

定員:110名

初年度納入金(予定):112万4660円

学士(人間関係学※2024年4月から「心理学」に変更)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に