私を選ぶのは、わたし。

志望者登録6089

合格者の声683

心理学科

学科紹介

こころの不思議に科学的にアプローチ。こころの多様な学びを社会に生かす。

社会で高まるこころへのニーズに応えるために、こころについて幅広く学び、その学びを社会に生かすことのできる人材を育成します。ストレスへの対処や対人関係の円滑化といった「心理学的マネジメント力」を習得。さらに、人の行動やこころに科学的にアプローチし、新たな提言を行う「心理学的デザイン力」を身に付けます。
 
<学びの特色>
①豊富な体験に基づく心理学の学び
社会で活用できる「科学としての心理学」の学びを深めるため、実験・検査や臨床事例の検討など多様な心理学的事象の体験を重視。討議を通して解決方法を導き出す経験により、心理学の生かし方を学ぶ。
 
②実社会で役立つ「心理学的力」の獲得
幅広く心理学を学び、ソーシャルスキルや傾聴力、感情のコントロール、データ分析力など実際の生活や社会で応用可能な「心理学的力」を身に付ける。
 
③心理専門職に向けた細やかな指導体制
豊富な臨床経験を持つ教員による少人数の演習・実習で、一人ひとりの体験に基づく実践的な学びを実現。公認心理師や臨床心理士としての活躍を目指す。
 
<モジュールシステム>
「モジュール」とは多様な学びをテーマごとにグループ化した科目群のこと。自分の関心や将来に合わせて選択したメインモジュールで専門分野を確立し、サブモジュールで異なる視点を獲得。
〇日常生活とこころ 〇社会生活とこころ 〇ライフサイクルとこころ 〇こころと支援
 
<ケースメソッド>
アメリカで誕生した討論型の授業「ケースメソッド」を採用。事例(ケース)に基づいてグループディスカッションを行い、問題解決力を高めます。
 
<学びを生かした進路>
公認心理士/臨床心理士/児童福祉司/児童指導員/企業の開発・マーケティング部門/企業の人事・労務・教育部門/銀行/保健会社/証券会社/営業・販売・サービス/国家公務員・地方公務員(心理職)/NPO・NGO職員など 
 
<目指せる資格> 
公認心理師(受験資格)(1学年あたり25名まで、大学院修了もしくは実務経験2年以上が必要) 
認定心理士(申請資格) 
認定心理士(心理調査)(申請資格)
高等学校教諭一種免許状(公民) 
学芸員 
司書 
司書教諭 
児童心理司(任用資格)
児童福祉司(実務1年・任用資格) 
児童指導員(任用資格) 

備考

定員:110名

初年度納入金(予定):112万4660円

学士(心理学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に