私を選ぶのは、わたし。

志望者登録6038

合格者の声674

現代社会学科(2024年4月開設)

学科紹介

メディア、観光、S D Gsの視点から、現代の社会課題を探り、新しい価値を創造する。

現代社会学科の学びの特徴は、社会の現場、フィールドを重視した学びの中で、学生自ら課題をつかみ、解決策を考え、情報発信するところにあります。情報が無秩序にあふれる現代社会において、必要なのは現場の空気を感じること。例えば、ジャーナリズムの現場では、現地に足を運び、人と会い、直接話を聞くことで、見えなかった事実に近づくことが求められます。これは、地域のニーズに合った観光やまちづくりを進める上でも、持続可能な社会を実現するためにも大切なことです。現代社会学科では、「メディアスタディーズ」「観光・まちづくり」「持続可能な社会」の3つの領域を軸とした実践的な学びを通して、現代社会の課題と向き合い、その解決に向けて行動するための知識と経験を養います。 
 
<学びの特色> 
①リサーチスキルを磨く多彩なフィールドワーク教育 
現地調査や取材に取り組んできた教員の指導のもと、体験するフィールドワーク。情報社会において必要な、物事の本質を捉え伝える力を磨きます。 
 
②社会連携プロジェクトで課題解決能力を鍛える 
企業・自治体と連携した商品開発や映像制作、イベントの企画・運営などに挑戦。多様な立場の人と協力することで、チームで問題を解決していく力を育てます。 
 
③4年間を通してキャリア形成をサポート
1年次から女性の多様な働き方について考えるキャリア教育を実施。実社会とのつながりを重視した講義や実習科目を開講し、将来の働き方を明確にしていきます。 
 
<実践型プロジェクト> 
・旅行ツアーの企画・販売 
・世界遺産をめぐるフィールドワーク 
・地域文化を伝えるPR動画 
・ドキュメンタリー番組制作 
 
<学びを生かした進路> 
放送・番組制作/新聞・出版・Webメディア/広告代理店/旅行会社・ホテル/観光協会/公務員/不動産・建築/地域金融機関/NPO・NGOなど 
 
<目指せる資格>
中学校教諭一種免許状(社会) 
高等学校教諭一種免許状(地理歴史) 
学芸員 
司書 
司書教諭 
社会調査士 

備考

定員:120名

初年度納入金(予定):112万2660円

学士(社会学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に