「先進性の追求」と「プロ志向の学び」が「専門分野で活躍する力」を生み出す

志望者登録5837

合格者の声525

管理栄養学部

名古屋学芸大学 管理栄養学部の学部紹介

医療機関から食品メーカーまで、幅広い分野で活躍できる管理栄養士を養成

栄養バランスの良い献立を考えて食事をつくるだけでなく、医師や看護師、薬剤師などの専門家と連携してあらゆる人に栄養指導ができる力が求められている管理栄養士。人の生命や健康を守る役目を担っているため、“医療職である”という考え方が強くなっています。管理栄養学科では、医療領域の学びをベースに幅広く学ぶことで、豊富な知識・技能や人のこころのケアができるカウンセリング能力と、社会の多様なニーズに応えられる力を備えた管理栄養士を養成しています。
そのため、管理栄養士国家資格取得のための学びにとどまらず、その先にある「医療」「福祉」「教育」「行政」「フードサービス」「食品メーカー」などの多種多様なフィールドで活躍できるよう、めざすフィールドに合わせて科目を選択し、実践力と専門性を高めるキャリア支援分野を設けるなど、現場で活躍できる管理栄養士を養成するカリキュラムを充実させています。
管理栄養学部実習棟には「給食経営管理実習室」や「栄養教育学・公衆栄養学実習室」など、最先端の実習施設を導入しています。その中のひとつ「栄養管理プロセス演習室」には3つのエリアを配置。「講義エリア」に加え、骨密度や筋肉量などの体成分を測定できる機器と医療機関で使用されているベッドを揃えた「測定エリア」、患者さんを想定して作成した献立を実際に調理することができる「調理エリア」を配置し、病院で働く管理栄養士の一連の仕事をすべて実践できます。

名古屋学芸大学 管理栄養学部の学科一覧

名古屋学芸大学 管理栄養学部の備考

備考

管理栄養学部

管理栄養学科

資料請求にてご確認ください。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に