一拠点総合大学での分野を越えた豊かな学びで、夢をかなえる確かな力を育む

志望者登録9174

合格者の声997

救急救命学科

学科紹介

幅広い医学知識と高度な救命技術を身につけて、命の現場で活躍する救急救命士になる

ハイレベルな救急救命士をめざし、幅広い医学知識と高度な救命技術、チーム医療での連携などを総合的に身につけます。学内実習や救急医療施設での実習で実践的に学びながら、現場で必要となる医師・看護師との連携、患者・家族のケアのためのコミュニケーション能力を養成。救急医療の現状や課題を理解し、基礎医学や救急医療に関する知識と判断力を備えた救急救命のプロを育成します。
人の命の行方を左右し、適切な判断や迅速な行動が求められる救急救命の現場。あらゆるケースを想定した実習を豊富に経験し、実践的なスキルの修得をめざします。実際の現場さながらの設備や施設を学内に完備。最新の設備を整えた救急救命実習室や、現場で使用されているものと同様の装備の高規格救急車、さまざまなシーンにおける負傷者への処置を訓練できる救急車カットモデルなどがあり、効果的なトレーニングを繰り返すことで、スキルを向上させていくことができます。また、救命救急センターや総合病院、消防署などで臨地実習を行います。将来の国際的な救急活動への参加も視野に、希望者には最新の救急医療体制をもつアメリカでの特別実習を実施しています。
一人ひとりの確かな成長をサポートし、日々、臨機応変な対応が求められる救急救命士の現場において、即戦力として活躍できるスキルの育成をめざしています。
救急救命士として活躍するためには、国家試験の合格に加え、公務員になるための採用試験消防職員など) に合格することが必要です。さまざまな現場での経験をもつ教員陣によるレクチャーと、独自の支援プログラムの成果により、2023年3月の卒業生も合格率100%を2年連続で達成しました。公務員採用試験についても2023年3月卒業生は95.5%が合格。ここから日本全国へ多くの救急救命士や消防官が巣立っています。

備考

公募推薦

総合型選抜

一般選抜

大学入学共通テスト利用選抜

地方試験

期別募集

※2024年度入試情報

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に