一拠点総合大学での分野を越えた豊かな学びで、夢をかなえる確かな力を育む

志望者登録9272

合格者の声993

作業療法学科

学科紹介

チーム医療、在宅ケアなど社会のニーズに応え、心身の回復を支える作業療法士を養成

身体や精神、発達などに障がいを伴う人に対し、さまざまな作業をとおして心身機能の回復を図り、自分らしい生活や社会復帰を支援する作業療法士を養成します。
医学や作業に関わる科目を1年次から段階的に配置し、作業療法士に必要な知識と技能を修得します。また、学習への意欲と実践力を高めるため、早い段階から4年間を通じた臨床実習を実施。「チーム医療」や「在宅ケア」の現場で多くの専門職と連携しながら専門性を発揮できる幅広い力を養います。
より高度に学ぶため、「地域の医療と福祉」と「こころと子どもの支援」の2コースを設置しています。
「地域の医療と福祉コース」は、病院や介護・福祉施設、在宅を中心とした地域社会などの現場で、あらゆる課題と向きあい、地域で暮らす人を支える作業療法士を養成します。
「こころと子どもの支援コース」は、こころに病のある人々に対し、地域で暮らし、就労を進めるための知識と技術を持った作業療法士を養成します。また、行動や情緒に配慮が必要な子どもに対し、神経学的にアプローチする知識と技術を学び、教員や保護者などと連携して課題を解決できる力を養います。
学内に複数の医療系学科がある京都橘大学は、充実した国家試験対策によって毎年高い合格実績を残しています。2024年3月卒業生は作業療法士国家試験において、合格率94.3% (受験者35名中33名合格/全国平均84.1%) を達成しました。課外プログラムや国家試験模擬試験を実施し、苦手分野は少人数制での学習指導を行い、万全の対策で個々のステップアップをサポートします。

備考

公募推薦

総合型選抜

一般選抜

大学入学共通テスト利用選抜

地方試験

期別募集

※2025年度入試情報

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に