一拠点総合大学での分野を越えた豊かな学びで、夢をかなえる確かな力を育む

志望者登録9376

合格者の声986

臨床検査学科

学科紹介

高度に進化し続ける医療を支え、チーム医療で力を発揮する臨床検査技師を養成

2018年4月に京都の私立大学で初の設置となった本学科。医療・検査機関などでさまざまな検査・分析を担い、高度に進歩し続ける医療を支えることのできる専門的知識と技術を身につけた、チーム医療に貢献する臨床検査技師を養成します。
臨床検査技師の活躍の場は病院にとどまらず、在宅医療における検査や多様な企業で製品開発や品質検査の一翼を担うなど多種に広がっています。分析した有用なデータで医療を支え、さまざまなケースが想定される医療現場で、チーム医療に貢献できるコミュニケーション力と高い倫理観を養うカリキュラムを構築しています。
また、国家試験対策委員会を結成するなど充実したサポート体制を構築し、一人ひとりの試験合格を力強く後押ししています。2024年3月卒業生も臨床検査技師国家試験において、全国平均を大きく上回る合格率92.3%を達成しています。
臨床検査技師の資格を得たうえでめざせる上位資格「細胞検査士資格」の認定試験受験資格が得られる選択制の「細胞検査士コース」を開講。細胞検査士は、顕微鏡を使って細胞検査(細胞診)を行い、複雑な特徴を持つがん細胞を発見するスペシャリストです。本コースの開講によって、臨床検査技師との2つの免許・資格が同時取得できます。
さらに臨床検査技師には、免許を取得して実務経験を積むことで「認定輸血検査技師」「認定臨床微生物検査技師」「超音波検査士」など、より高い専門性を証明する認定資格が用意されています。卒業後にさらなるキャリアアップをめざせるよう、高度な専門知識に触れることのできる演習科目を4年次前期に開講します。

備考

公募推薦

総合型選抜

一般選抜

大学入学共通テスト利用選抜

地方試験

期別募集

※2025年度入試情報

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に