「慈しみ・めぐみ・愛」を心の規範として生きる医療人を育成

志望者登録2306

合格者の声239

作業療法学科

学科紹介

チーム医療の実践的な学びと充実した実習で高度な知識と技術を身につけた作業療法士を育成

作業療法学科では、アタマとカラダとココロ(高次脳・身体・精神)の障がいやそれに伴う生活行為の障がいに対する支援について学びます。作業療法士は国家資格のリハビリテーション医療専門職です。約47%の職業がロボットやAI(人工知能)により自動化されるリスクが高いと報告されていますが、作業療法士は、ロボットやAIに代わることができない職業の第6位に選ばれており、将来的に残る可能性の高い職業です。(オックスフォード大学による報告Frey and Osborne : The Future of Employment : H ow susceptible are jobs to computerisaion?,2013)本学には在宅シミュレーション演習室や先端テクノロジー演習室など最先端の設備があり、各分野の研究・教育・臨床実践の経験豊富な教員がいますので、幅広い分野の専門性高い作業療法を学ぶことができます。

本学には附属病院をはじめとする5つの関連病院があり、1年次の見学実習から関連病院を中心とした医療機関で臨床実習が行われます。様々な施設での臨床実習を通して、こどもから高齢者、急性期から地域まで、多様な臨床場面を早期から体験することで、作業療法士の役割や専門性について実践的に学修し理解を深めることができます。

本学では、医学部・看護学部・リハビリテーション学部の3学部合同での授業を1年次より実施し、早期からチーム医療への一層の理解を深めることができます。

備考

定員数:40

総合型選抜試験/学校推薦型選抜試験(専願制・併願制)/一般選抜試験/大学入学共通テスト利用選抜試験

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に