教育は愛なり

志望者登録897

合格者の声123

情報工学科

学科紹介

情報通信技術で社会・経済活動を支える、技術者を育成します。

現代の社会・経済活動の基盤には、常に革新を続けている情報通信技術があります。情報工学科では、「コンピュータ」「インタフェース」「ネットワーク」の3分野を基礎に、IoTおよびAIなどの最新の情報通信技術を応用し、情報社会から超スマート社会への変革の一翼を担う技術者を育成します。  

<学びのポイント> 
①コンピュータ
コンピュータに関する基礎知識としてコンピュータアーキテクチャやオペレーティングシステムを学びます。また、IoT技術の基盤となる組込みシステム技術に関する知識について学びます。さらに、実際のコンピュータシステム開発に携わる際に有用な制御工学やIoT技術応用を学修します。

②インタフェース
信号処理システムに関する基礎知識としてデジタル信号処理を学びます。また、IoTを支える情報収集や処理技術の基礎としてセンシングや画像処理を学びます。さらに、インタフェース分野の先端技術としてバーチャルリアリティやインタフェース技術応用を学修します。

③ネットワーク
IoT技術者に不可欠な情報ネットワークシステムに関する基礎知識としてネットワーク入門、ネットワーク技術や情報セキュリティなどを学びます。さらに、実際のネットワークシステム開発に携わる際に有用と考えられるクラウド技術やネットワークシステム応用を学修します。

備考

・総合型選抜

・学校推薦型選抜(公募制)

・学校推薦型選抜(女子特別選抜)

・一般選抜

・大学入学共通テスト利用選抜

・特別選抜入学試験

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に