健康・医療・福祉・スポーツ分野の総合大学

志望者登録6016

合格者の声173

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

学科紹介

病気やけがによる身体機能の障がい・低下に対して改善、維持を図る

医療・医学の基礎知識やリハビリテーションの概要、健康の維持・増進、疾病、障がいに対する理学療法を総合的に学修。高度な専門知識・技能の修得に加え、豊かな人間性と確固とした倫理観を養います。小児領域、循環器領域、整形外科領域、スポーツ医学領域、中枢神経障害領域、基礎医学領域、社会医学領域といった各領域でも第一人者である教員が集結しています。また、1年次から病院や施設での見学実習を行い、早期に理学療法士としての役割を理解します。2年次より始まる学外実習は、2年次:2週間、3年次:7週間、4年次:16週間と豊富。より多くの臨床に関わることが、患者さんの個別性を重んじる医療へとつながります。演習・実習を多く用意し、対象者との信頼関係の築き方、人の苦境に共感できる人間性を育みます。

備考

学校推薦型選抜(併願・専願型)、一般選抜(手続期間長期型/前期A・B日程/共通テストプラス方式/中期日程/後期日程)、大学入学共通テスト利用選抜前期・後期

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に