共に育ち、共に創り、共に生きる

志望者登録8850

合格者の声443

特色

開学70年以上 地域に根差した歴史ある大学。

山形大学は、明治11年(1878年)の山形師範学校の開校に始まり、昭和24年(1949年)に5つの教育機関を母体に、新制国立大学として設置されて70年余。歴史と伝統を受け継ぎ、優れた人材を多く社会に送り出しています。

6学部6研究科を有し、小白川、飯田、米沢、鶴岡の4つのキャンパスと、山形県全域を学びのステージとして、約9,000人の学生が学んでいます。また、各キャンパスそれぞれの地域の特徴を生かした教育と研究を行っています。

学びの多様性を知り、 豊かな人間性を育む。

基盤共通教育と各学部での基盤専門教育を連動させた3年一貫基盤共通教育プログラムを構築し、「知・徳・体」を育みます。基盤共通教育は、総合大学の利点を生かした幅広い教養教育と学問の実践に必要な学習技能・知識・能力の習得及び社会に出たときに力強く生きることのできる力である「人間力」の基盤を作ります。

また、教員と学生との距離が近く、サポート体制も充実。きめ細やかな指導を行うため、学生の皆さんに対してアドバイザーが責任を持って指導するアドバイザー制度を導入しています。各学部の教員でもあるアドバイザーが修学面・生活面に関わらずさまざまな相談にのり、指導・助言を行います。

自然豊かで、食べ物がおいしく、 ひとがとってもあたたかい

山形県は、豊かな自然に恵まれ、四季の変化に富んでいます。さくらんぼ、ラ・フランス、米、牛肉などが有名です。また、キャンパスのある山形市、米沢市、鶴岡市は、城下町として発展した歴史があり、教育を大切にして学生を温かく見守る風土があります。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に