【京都大学(薬)】成績を左右する「睡眠時間」をコントロールして入試本番でも本領発揮!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

おでんさんのおすすめ教材・アプリ

【教材】
『センサー生物』(新興出版社啓林館)
『真理系の化学』(駿台出版)
『阪大の英語20カ年』(教学社)

【アプリ】
『スタディサプリ』(リクルート)

編集部からのお願い

記事をご覧頂きありがとうございます。よろしければアンケートにご協力ください。

この記事を書いた人
    勉強方法や試験テクニック、Studyplusを利用している大学生のみなさんの合格体験レポートを掲載していきます!

    関連するカテゴリの人気記事

    【早稲田大学(政経)】まさかのAO不合格!逆転合格を掴んだ原動力は「学校の勉強」だった

    【東京大学(文二)】非進学校という環境のハンデを塾やStudyplusの仲間とはね返す!!

    【京都大学(薬)】成績を左右する「睡眠時間」をコントロールして入試本番でも本領発揮!

    Studyplusに「その日の出来事」も書いて、楽しく勉強を記録!【慶応義塾大学(薬)】

    【大阪大学(外)】弱点の数学&世界史は、センター演習問題を「繰り返し解く」ことで記憶を定着

    【九州大学(理)】二次対策は「少し下のレベル」を完璧にして合格点をゲット!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に