生きる力を医療で支える

志望者登録1935

合格者の声40

作業療法学科

学科紹介

心と身体のリハビリテーションを行う、作業療法に携わる人材を育成。

【理論と技術で実践力を養い即戦力人材を育てる】
作業療法士に求められる知識や技術を修得することはもちろん、本学では臨床現場で求められる実践力に力を入れています。高度な基礎医学と基礎作業療法の理論をベースに、提携の医療機関で行われる16週間の総合臨床実習を経て、即戦力として活躍できる作業療法士の育成をめざします。加えて、より深い患者理解のため、幅広い知識や教養を学ぶリベラルアーツも並行して学びます。
【学習支援システムを導入し、国家試験に向けた徹底サポート】
最前線で活躍できる作業療法士を育成するために、徹底した学習システム「Student Support System」を採用。臨床現場に精通した教員が、作業療法士の国家資格取得に向けた手厚い教育・学習を提供しています。また、総合リハビリテーション力やマネジメント能力の向上をめざした教育を実施しています。
【グローバルな視点をとりいれた習熟度別の語学教育】
作業療法の組織、技術の修得はもちろん、グローバル時代を見据えた語学教育にも力を入れています。語学レベルに応じた「習熟度別クラス」によって、英語が得意でなくても着実に医療英語を身につけられるようサポートします。2年次の3月には、「海外作業療法研修」を実施。現地のリハビリテーション病院や施設の見学、また作業療法を学ぶ現地の学生とのグループワークを体験します。

備考

定員数:40

推薦入試/一般入試/センター試験利用入試

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に