知を愛し、世界へ。

志望者登録9335

合格者の声1260

経済学科

学科紹介

自分で課題を発見し、解決する能力を養う。

私たちが生きてゆく上で経済活動は必要不可欠です。現代の経済・社会は、急速な技術進歩とそれに伴う社会の変化に直面しており、しかもそれらがグローバル化の中で、世界中のあらゆる地域と連動しています。このように複雑に入り組んだ現代社会を生き抜いてゆくためには、(1)問題発見能力(問題を自ら発見する力)、(2)論理的思考力(問題の解決方法を論理的な思考によって見いだす力)を養わなければなりません。これらの能力の獲得を目的として、経済学部のカリキュラムでは、3つの科目群を中心とした教育を行っています。①経済学の入門として入学当初から履修可能な基礎科目、②経済学の主要分野を学修し、より高度な学修へつなげる学部共通科目、そして③自らの興味関心に応じて専門性を高め深く学ぶ3つのコースの科目(「経済分析コース」「政策・地域コース」「世界経済コース」)。これらの科目には、通常の講義形式だけでなく、演習形式や経済学検定、経済学検定、インターンシップとなります。インターンシップの単位認定など、皆さんの学びを応援するさまざまな科目も含まれています。本学部は、これまでも多様な人材を輩出してきました。これからも、経済学を武器にした、広く社会から求められる人材を養成します。
<特色ある科目・プログラム>
■世界を体験するフィールドスタディ
海外の経済やビジネスの現場を体験し、国際感覚を養う
集中講義科目「フィールドスタディ」では、海外(タイ・シンガポール・韓国・中国・アメリカなど)に滞在し、経済の動向やビジネスの現場をリアルに体感する場を設けています。春学期に履修する「フィールドスタディ方法論」で学修したテーマ別課題を踏まえ、夏季休暇中に渡航して課題の解決に取り組みます。現地の大学生と交流する機会もあり、こうした異文化体験は、将来のビジネスや生涯設計に活かされる力となります。

備考

定員:330人

初年度納入金:1,210,000円

学士(経済学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に