知を愛し、世界へ。

志望者登録9338

合格者の声1290

法学科

学科紹介

実践的に法を学び、 問題解決に向けた論理的思考力を。

<特色ある科目・プログラム>

■模擬裁判 ~名古屋キャンパスが“裁判所”になる日~
実践的な法知識と社会的な能力を養う「模擬裁判Ⅰ・Ⅱ」
研究者教員および実務家教員(弁護士)が担当する演習科目を開講。市民参加型の裁判員模擬裁判を毎年開催しています。現実の裁判を正確にシミュレートするために、学生は裁判例や専門書などを綿密に調べ、扱う事件や公判の内容を決めていきます。当日は一般市民から選ばれた“裁判員”も参加します。これらの経験を通じて学生は、教室で学んだ法が実際にはどのように運用されるのかを学びます。また、企画運営や広報活動も学生主体で行うため、企画力や交渉力、プロジェクト管理能力やプレゼンテーション能力など、社会で役立つ力を身につけることができます。

■県職員が講義する「政治学特殊講義」
行政法の立場から県の行政実務を学ぶ
国や地方公共団体の行政は法律や条例に基づいて行われます。国民や市民の権利利益を保護し、公共の福祉を実現するために、公務員の果たすべき役割は極めて重要です。この科目は、愛知県の主要行政領域において指導的立場にある県職員の方々を講師としてお招きし、県の多様な行政活動を規律する「行政法」の視点から、その基本となる法律・条例および計画がどのように形成され、いかなる法的仕組みを活用して各種の政策や施策が展開されているかをご紹介いただき、「法令による行政の現実の姿」を受講者が知ることによって、公務員キャリア形成のための重要な指針や有益な行政実務的知見を得ることをめざします。

■愛知大学法科大学院との連携コース
最短5年で司法試験に挑戦が可能
全国有数の合格実績を誇る本学法科大学院と連携し、司法試験合格に向けて一貫した集中的教育プログラムを提供します。最短で、大学入学より5年で司法試験合格も可能(法学部を3年間で卒業+法科大学院2年間)。東海地区では、本学と名古屋大学のみ設置が許された特別な課程です。

備考

定員:315人

初年度納入金:1,210,000円

学士(法学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に