知を愛し、世界へ。

志望者登録11049

合格者の声2185

法学科

学科紹介

実践的に法を学び、現代社会の問題解決に生かす

 少人数でのゼミナールを通して、1年次には法学および政治学の全体を見渡しながら基礎的な科目を履修。2年次からは4つの履修モデルから選択し、めざす進路に必要な専門知識を体系的に身につけていきます。
[司法コース] 司法書士、行政書士、裁判所事務官などの専門的な公務員といった、法律専門職の養成を目標とし、法律全般を学びます。
[行政コース] 法律を運用し、国や地方を動かすための社会の仕組みを理解します。政治学・行政学を含む公務員採用試験の主要科目を中心に学び、公務員に求められる資質や見識を養うための特別な授業も用意しています。
[企業コース] 憲法・刑法などの基本をおさえ、民法・商法などビジネスに直結する分野を学びます。法的思考力を養い、専門演習ではプレゼンテーションの技法など、企業人に必須のスキルも身につけます。
[法科大学院連携コース]全国有数の合格率を誇る愛知大学法科大学院と連携し、司法試験合格に向けて一貫した集中的プログラムを提供します。法学部2年次から法科大学院開講科目を履習し、法学部入学から最短5年(法学部を3年で卒業+法科大学院2年間)で司法試験合格も可能です。

<特色ある科目・プログラム>
正課授業の一環として市民参加型の「模擬裁判」を実施しています。判例を基にしたシナリオの考案から広報活動、当日の運営に至るまで、学生が主体となって行われています。評議の際には、市民から選ばれた裁判員と学生が演じる裁判官との間で白熱した議論が繰り広げられます。この取り組みの過程で、刑法や刑事訴訟法に関する知識や運用の在り方を修得していきます。また、チームで物事を成し遂げるという経験が学生を大きく成長させます。

備考

定員:315人

初年度納入金:1,210,000円

学士(法学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に