あなたを発揮できる受験方式がきっとある!結果に合わせて選べる秋田大学の入試と魅力って?

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

まずは、皆さんセンター試験お疲れ様でした!自己採点をして、内容を振り返っていることだと思います。 特に国公立志望の人は、センター試験の結果も重要なので志望校の再検討をしている人もいるでしょう。そこで、今回はセンター試験の結果が良かった人、思ったより伸びなかった……という人も、合格のチャンスが拡大する国公立大学では珍しい秋田大学の入試をご紹介します。ぜひ、参考にしてください!



センター試験重視か個別学力検査重視かを選べる!

国公立大学の一般入試はセンター試験と2次試験(個別学力検査等)の合計で合否が決まりますが、どちらの点数を重視するかは大学や学部によって異なるもの。自分の志望している大学がどのタイプかはもうチェックしていると思います。 秋田大学理工学部の一般入試には a 方式(センター試験重視)と b 方式(個別学力検査重視)の 2 種類があり、センター試験の結果次第で、出願の際に自分に合った入試を選ぶことができます。

センター試験の結果が思ったより伸びなかった……という人は、b方式で挽回するという方法があるので嬉しいですよね!
また、下記の学部では前期日程において、秋田試験場以外でも受験可能です!
・国際資源学部・理工学部(東京試験場または名古屋試験場)
・教育文化学部(東京試験場)
 ※教育文化学部の英語教育コース志望者および個別学力検査等で実技検査を選択する者は秋田試験場となります。

秋田大学について
詳細はこちら
入試について
詳細はこちら

理工学部の出願は学科単位!

理工学部には、生命科学科、物質科学科、数理・電気電子情報学科、システムデザイン工学科があり、それぞれの学科単位で出願可能です。

理工学部の特徴と学べるコースって?

秋田大学の理工学部では、医理工連携による医療・福祉機器の開発や健康寿命の延伸のエイジ理工学、航空機産業振興の秋田発イノベーションなど、世界と勝負できる最先端の研究開発に取り組んでいます。

グローバル社会で即戦力として活躍できるように、英語教育に力をいれていて外国人教員による理系英語を授業に組み込んでいるのも特徴の一つです。学科ごとに対応したコースを選ぶことができ、生命科学コース、応用化学コース、材料理工学コース、数理科学コース、電気電子工学コース、人間情報工学コース、機械工学コース、創造生産工学コース、土木環境工学コースがあります。

また、学生が自ら考え活動するプロジェクトの支援をしていて、採択されたプロジェクトは活動資金や技術情報の提供といったサポートがあるんです!

学生の発想から生まれたプロジェクトとして、商品化さらには成果物を用いた学生ベンチャーの起業などを目指し、多種多様なプロジェクトを展開しています。学生時代に挑戦できることがたくさんあり、可能性が広がるはずですよ。
理工学部について
詳細はこちら

国内で唯一資源学を一貫して学べる国際資源学部

秋田大学の国際資源学部は、日本だけではなく世界を視野に金属・非金属資源、石油・天然ガス資源などで直面している資源問題解決のために、資源形成メカニズムの解明や資源探査、開発、リサイクルおよび環境保全を対象とする資源地球科学コースと資源開発環境コース、資源を取り巻く経済、国際情勢などの資源政策的諸問題を対象とする資源政策コースから構成されています。

専門技術、国内外の人脈の蓄積を礎とした「資源探査・開発から環境リサイクルまで」を一貫して体系的に学べる国内唯一の学部です。

また、専門科目の授業を英語で実施しているほか外国人教員や留学生との交流、研究成果の国際学会での発表など、日常的に英語が行き交うグローバルな環境が整っているんです!

国際資源学部の特徴として、海外の資源開発最前線で見られる様々な課題を理解し、解決する実践能力を身に付けるため、約4週間海外で実習を行う「海外資源フィールドワーク」が全学生必修となっているそう。なんと、費用の一部は大学が負担し、無理のない渡航をサポートしてくれます(2016~2018年度実績)。
秋田大学だからこそ学ぶことのできる領域なので、これからの資源や現代社会の資源問題などについて興味のある人にはぴったりな学部ですね!
国際資源学部について
詳細はこちら

おわりに

いかがでしたか? 21 世紀の日本と国際社会において、指導的な役割を担うことができる人材の育成を目指している秋田大学。
なんと、4学部全てで就職率は全国平均を大きく上回る 100%なんです!!(平成29年度卒業者)
また、日本経済新聞社と日経HRが実施している大学イメージ調査で、秋田大学が「採用を増やしたい大学」で1位にランキングされるなど、秋田大学は企業からも注目されています。

詳細はこちら

センター試験の結果に合わせて選べる新しい入試方法を取り入れている理工学部も、国内で唯一無二の学部である国際資源学部も魅力的ですよね。自分の学びたいことや興味のある分野がある人は、ぜひ受験してみてくださいね!
秋田大学とスタディプラスは頑張る受験生を応援しています!あなたの努力が実りますように。
入試について
詳細はこちら
秋田大学について
詳細はこちら
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    本番に向けて一直線!第一志望合格のために大切なことって?

    このままの勉強法で志望校に合格できるのか・・・という不安を乗り越えるには?

    【センター試験自己採点】東進の「合否判定システム」で的確に出願校を選定!

    人の未来を支える“医療福祉系の仕事”って?

    Studyplus編集部がZ会の直前予想演習シリーズを解いてみた!

    【今後はどうなる?】これからの社会で必要とされる医療とは?~リハビリの重要性

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に